ブログお引越しのお知らせ

新年あけましておめでとうございます。 2011年1月1日より「ウエブリブログ」さんから「アメブロ」さんへ 引っ越すことにいたしました。 引っ越し先はこちらになります。 http://ameblo.jp/happy-emican/ mixiからご覧になっていらっしゃる方は新しいブログへいくように これからセットアッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2010年を振り返って

今日で2010年が終わります。 先ほど、家族で近所の神社へ行き、一年間お世話になった だるまさんをお返しに行ってきました。 この1年を振り返ってみると 自分なりに新しい道を手探りで作ってきました。 今年も練馬区の空色カフェさんで講座や個展を開かせていただいたり、 新しくよみうりカルチャー川越さんにもお世話になりました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガーベラが欲しかったのは・・・

つい先日購入したガーベラが昨日の朝起きると くにゃんとなっていました。 なんでこんなことに 出窓に置いたから夜の間寒くてこうなってしまったのかもしれない。 そう思い、太陽の光がたくさん入る大きな窓の下に置きました。 葉っぱはしおれ、ひどいものは床についてしまうほど。 せっかくうちに来てくれたのに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おもしろ英語2

先日、中学2年生のYくんに英語を教えていました。 ちょっと時間が余ったので、残りは単語カードを使って 動物の名前を英語でやることにしました。 その1枚目に出たのが「ひつじ」 「Yくん、ひつじって英語でなんて言うか知ってる?」 とたずねたら、 Yくんは 「メリー?」 と答えました。 もう、か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

買い物以上のお買いもの

今日は仕事帰りに途中にあるショッピングモールへ行きました。 お気に入りのお店があって久しぶりに行ったんです。 「こんにちは」 と最初に声を掛けてくれた店員さんは前に応対して くださった方でした。 「以前にも春か夏ぐらいに来てくださいましたよね?」 となんとその店員さんも覚えてくださっていました。 とっても嬉しかった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人と関わることで変わること

私が勤める適応指導教室は学校復帰を目的とした市の施設になります。 なので、通ってくる子供たちの出入りが多いのが特徴です。 不登校というと、原因はいじめが多いのではないかと思われがちですが、 意外にそうではありません。 教室に通う子供たちの理由はさまざまです。 その中で最近特に気になるのが集団生活になかなか適応しづらい子ども…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こころを込めて

先週末まであーでもない、こーでもないと 試行錯誤をしながら作っていたのはクリスマスリース 2つのクリスマスリースの注文をいただき、作りました。 注文してくれたのは高校からずっと親しくしている友人です これまで自分でテーマを決めて好きなように作ることが多く、 誰かの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

幸せを受け取る

今日は講師の方を招いて子供たちとクリスマスのフラワーアレンジメントを 適応指導教室で行いました。 造花やリボンなどの材料は一人ひとり用意され、 ヒバの葉は敷地内にあるものを使ったのでみんな好きなだけ使うことができました。 ほとんどの作品がかわいらしく小さくまとめてあったのに対して 私のは一人だけ末広がりのどーんと大きい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今が一番しあわせ

最近は何をしていても充実した時間を過ごしているように思います。 適応指導教室で子供たちと接しているときも、 ふわふわリースのアイディアを練ったり、 雑誌を読みながら物づくりのアイディアがひらめいた時も 仕事から帰って家族でご飯を食べている時も 幸せだなとしみじみ感じます。 家族がいること、 両親が元気で笑っているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yes, we can.

今日は依頼のあった場所へふわふわリースのお届けに 車で出かけました 帰り道、信号待ちをしていると、目に留まったのは 歩道に立てかけられた小さな看板。 地元の小学生が描いたと思われるポイ捨て禁止の看板でした。 そこに書いてあったのは 「リサイクルだぜ! Yes, we can.」 信号が青に変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きな絵を描くように

先週末行ったBunkamuraザ・ミュージアムの「フランダースの光」展では 両手を広げても足りないくらいの大きな大きな絵が何枚もありました。 こんなに大きな絵をどうやって描いていったのだろう。 大きな絵を目の前に、私なりにちょっと想像してみました。 広々とした大きな部屋で 大きなキャンバスを立てかけて描いていく。 近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろんなことがつながっていて面白い!

今日はmixiで知り合った方の写真展へ行ってきました。 写真を鑑賞した後に、出口のところで目に入ったのは Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている 「フランダースの光~ベルギーの美しき村を描いて」のパンフレット。 表紙の絵に心惹かれ、裏を見ると 「春の緑」と題したアルべイン・ヴァンデン・アベールの絵が載っていまし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昼食後のひと笑い

今日の給食は和風スパゲティ。 お腹いっぱい食べて午後は中2のYくんに連立方程式を教えていました。 すると、なぜかお腹が「ぐーっ。」 いたずらっこなYくんにすかさず 「先生、静かにしてください」 と言われ、 「そういう時は聞こえないふりをしてよ。」 と返しました。 すると、また「ぐーっ。{%ト…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

部屋の中の小さな美術館

先週末に部屋の模様替えをして雰囲気をちょっと変えました。 机の向きを変えて書いたり、作ったり、パソコンをやったりと 作業が前よりもしやすくなりました。 まだまだ改善の余地はある部屋だけど、 少しずつ「気持ちいい」を増やしていきたいなと思います。 今回の模様替えで一番気に入っているのは 「部屋の中の小さな美術館」です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいしい秋の贈り物

先日、岩手に住む母の友人から贈り物が届きました。 なんと松茸です 宅急便の方から箱を受けとった母は「松茸」の文字に動揺し、 印鑑の代わりに自転車の鍵を渡してしまいました・・・。 いくら普段食べないからって驚きすぎです。 箱を開けたら7本も入っていました。 その日は父が旅行でいなかったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いくつになっても嬉しいな

今日は私の誕生日。 34歳になりました。 「誕生日おめでとう」メールが思っていたよりも ちょっとだけ多く届きました。 いくつになっても「お誕生日おめでとう」は嬉しい。 今日は女子生徒の一人が誕生日を覚えていてくれて 「emican 先生、今日お誕生日ですよね?おめでとうございます」 とみんなのいないところで、こっそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夢を形にする

夢を描くことも 夢を語ることも とっても簡単。 でも、その夢を誰もが見える形にしていくことは とっても難しい。 夢を実現させるまでの過程の中で、 いったい自分が今どこにいるのか あとどれくらいなのか もうすぐなのか それともまだまだ先なのか まったく分からない。 ある日突然チャンスが舞い降りてくるかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おもしろえいご

こどもたちに英語を教えるのはとっても楽しい。 それは英語を通じていろんな国の人とつながるきっかけを・・・ なんていう真面目な思いもあるけれど、 最近はもっと単純な理由で楽しんでいます。 それは生徒の間違える英語。 今教えている子達は間違えることを気にせずに こうかな?と思うとすぐに口に出して言ってくれる。 そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空色カフェ ポストカード展

ポストカード展のお知らせです。 いつもお世話になっている空色カフェさんで ポストカード展が開かれます。 【期間】2010年9月14日(火)~9月26日(日) 【場所】空色カフェ     東京都練馬区桜台4-34-24     ℡03-3993-6343     西武池袋線桜台駅徒歩5分     東京メトロ有楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとした工夫~ブックカバー編~

最近映画の影響もあって読み始めているのが メアリー・ノートン作の「床下の小人たち」。 映画「借り暮らしのアリエッティ」の原作です。 通勤の電車の中や寝る前のちょっと時間ができた時などに 読んでいます。 以前作った布製のブックカバーは文庫本サイズなので それ以外のものになると合わないため、 書店で購入した際についてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more